合唱劇「カネト」 名古屋公演 NAGOYAまちじゅうGA芸術祭参加事業 2007年11月3日・4日 愛知県勤労会館

nagoya.kaneto.com
トップページニュース > 2007年2月25日発行
合唱劇「カネト」 名古屋公演 ニュース

トップページ
公演の紹介
レポート
ニュース
アンケート
イベント
リンク

2007/02/25
鳴海卓さんより発声指導をしていただきました
Photo by T.Wakitani
2月17日の練習では、カネト役で二期会員、名古屋青年合唱団常任指揮者の鳴海卓さんによる第1回発声講座が開催されました。
体の使い方、息の方向、出し方について勉強しました。みなさん、いかがでしたか?
この日はパートにわかれて、4.ひとりぼっち、12.戦い、13.命綱、14.タヌキ、16.ポン太、27.エピローグの練習を行ないました。
また、アイヌの人たちが歌う 20.喜びの踊り(イオマンテウポポより)の録音をみなで聞きました。「イオマンテウポポ」とは「熊祭りの踊り」という意味です。

アイヌミニ知識
シマフクロウは、アイヌの人たちにとってコタン(村)の守り神です。アイヌの人々は人間が生きるために必要なもの、人間の力の及ばないものすべてに神の魂が宿っていると考えます。
イオマンテ(熊おくり)は、熊の姿となって人間の世界に肉と毛皮を持ってやってきてくれた神を最高にもてなして神の国へ魂を帰す儀式です。
私たち(和人)には、残酷、野蛮などと映りがちですが、アイヌの人にとってイオマンテは神に最大の礼を尽くし、いとおしみ、感謝して魂をおくる儀式です。
(合唱劇カネト 初演ニュースより)

本日の練習予定
今日は合唱劇カネトを歌う合唱団の小杉真知子さんに合唱指導をしていただきます。
全体指揮
小杉真知子
ピアノ
高橋千佳
パート担当
子ども
小杉
女声
伊藤、高橋
男声
一色
進行管理
脇谷
練習曲
4.
ひとりぼっち
12.
戦い
13.
命綱
15.
26.
完成
27.
エピローグ
13:00
会場準備・受付
13:30
発声・体操
13:50
パート練習
子ども
4.
ひとりぼっち
大人
12.
戦い
15.
13.
命綱
26.
完成
15.
27.
エピローグ
26.
完成
14:50
休憩
15:00
連絡
15:20
全体練習
15.
26.
完成
16:20
片付け
16:30
退室

小杉真知子さんのプロフィール
中学校音楽科教員。
合唱劇「カネト」では創作開始時点から携わった。
合唱劇「カネト」をうたう合唱団、豊川親子合唱団たけのこ、東三河うたの学校の合唱指導を手がけている。

お知らせ
親睦企画の
ご案内
団員の方からカネトが測量をした天竜峡とはどんなところかみて見たいと言う話が持ち上がりました。
5月の連休に日帰りで飯田線に乗りたい。天竜峡を見てみたい。天竜ライン下りをしたい。折角行くなら温泉で1泊泊まってくつろぎたい。そんな声が聞こえてきました。
そこで下記のように企画しました。詳細は本日配布の「飯田線に乗って天竜峡に行こう」をご覧ください。
準備の都合上、4月1日(日)までにお申し込みください。
旅行日
2007年5月4日(金・休)〜5日(土・祝)
集合時間・場所
7:45 JR金山駅(構内)前集合
参加費
日帰り
大人
11,730円
子ども
6,020円
宿泊
大人
19,535円
子ども
11,705円
担当
石原、林
昼食交流会
のご案内
3月10日の練習の前、少し早く集まって食事をしながらおしゃべりするのはいかがですか?
本日配布の「昼食交流会のご案内」により3月4日までにお申し込みください。
日時
2007年3月10日(土) 12:00〜13:00
場所
パラゴン(TEL 052-761-2165)
参加費
大人
1,000円
子ども
500円
担当
永見
学習DVD
のご案内
カネト氏やアイヌ民族の学習DVDを製作します。
詳細は本日配布の「学習DVD注文書」をご覧になりお申し込みください。
構成
(1)
アイヌ人物編(110分)
(2)
アイヌ文化編(129分)
担当
藤村
賛同金の
集約状況
これまでに個人35名・48口(1000円/1口)、団体1件・1口(5000円/1口)で、合計金額が53,000円となりました。
目標の約18%です。ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

次回練習
2007/03/04(日) 13:30〜16:30 港区役所講堂です。

※愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団事務局 発行
合唱劇「カネト」 www.kaneto.com