合唱劇「カネト」 名古屋公演 NAGOYAまちじゅうGA芸術祭参加事業 2007年11月3日・4日 愛知県勤労会館

nagoya.kaneto.com
トップページニュース > 2007年2月4日発行
合唱劇「カネト」 名古屋公演 ニュース

トップページ
公演の紹介
レポート
ニュース
アンケート
イベント
リンク

2007/02/04
1月21日の練習では、三名の方が入団されました
Photo by K.Miura
ソプラノ 17名、アルト 11名、男声 14名、子ども 10名、計 52名(出席率59%)のみなさまが練習に参加されました。
この日、3名の方が入団されました。あたたかくお迎えしましょう。
当日は藤村さんがぞうれっしゃの指揮があったため、前半の練習は山口さんの指導のもと、音取りのおさらいを行いました。
Photo by K.Miura
山口さんの指揮は愛知のうたごえ祭典以来でしたが、なかなかよかったですね。

また、ハレダイスケさん作のムックリの練習を行ないました。
後半はプロローグを練習し、藤村さんよりイントロの「オー オー」の旋律が生まれた背景や、プロローグの歌詞の元になった知里幸惠著「アイヌ神謡集」の序文の紹介がありました。

本日の練習予定
全体指揮
藤村記一郎
ピアノ
高橋千佳
パート担当
子ども
武藤
女声
脇谷、高橋
男声
藤村、一色
練習曲
4.
ひとりぼっち
7.
測量人夫
8.
勉強
11.
天竜峡
14.
タヌキ
27.
エピローグ
13:00
会場準備・受付
13:30
体操
13:40
発声
13:50
パート練習
子ども
4.
ひとりぼっち
大人
8.
勉強
7.
測量人夫
11.
天竜峡
14.
タヌキ
14.
タヌキ
16.
ポン太
27.
エピローグ
14:50
休憩
15:00
連絡
15:20
パート練習
16:00
全体練習
4.
ひとりぼっち
14.
タヌキ
16:20
片付け
16:30
退室

アイヌ語絵入り辞典から調べました
団員の新美遥ちゃんが、アイヌの言葉を調べてくれました。どうもありがとうございました。
カネトの歌に
でてきたアイヌ語
ユーカラ
伝承叙事詩
ポンヤウンペ
神話の少年英雄
カムイ
ウレシパモシリ
大地
コタン
ムックリ
口琴
家族
イヤポ、ミチ
ハポ
エカシ
おじいさん
フチ
おばあさん
ユピ、ユポ
お兄さん
サポ
あいさつ
イランカラ
こんにちは
サランパ
さようなら
その他
シノッチャ
ウポポ
おどり
シンタ
ゆりかご
イラマンテ
狩りに行く
コタンコルカムイ
シマフクロウ
 
アイヌ語は日本語とはちがって、外国の言葉のようだなと思いました。
 

お知らせ
団員募集
郵送作業
前回の練習後、計15人で、団員募集のお知らせ300通の発送準備作業を行いました。
今回は子ども団員募集を目的に、名古屋市内小学校に送付いたしました。
多くのみなさまのご協力をいただき、にぎやかにかつ順調に作業を終えることができました。
ご協力いただいたみなさま、どうもありがとうございました。
団員募集
チラシ置き
これまで、以下の施設にチラシを置いていただきました。
引き続き、近隣の施設へのチラシ置きにご協力お願いします。
チラシ置きに協力していただける方は、受付にて施設のチェックをしたうえで、チラシをお持ちください。
【配布済の施設】
生涯学習センター
東・中村・中川・緑・守山
図書館
東・中村・緑・南・千種・山田・港・南
文化小劇場
東・中村・中川・守山
市内その他施設
音楽プラザ・愛知芸術文化センター・名古屋市芸術創造センター・アクテノン・中村青年の家・市公会堂・民主会館・守山区ポカポカ温泉
市外の施設
大治町公民館・七宝町公民館・甚目寺町中央公民館・美和町文化会館・津島市文化会館・愛西市佐織中央公民館・愛西市佐屋中央公民館・ 新川町文化ホール・北名古屋市文化勤労会館・江南市民文化会館・犬山市民文化会館・小牧市民文化会館・春日井市民会館(文化フォーラム)・瀬戸市文化センター・長久手町文化の家・ 三好文化センター・大府勤労文化会館
資料の貸出
2006年9月9日にNHKにて放送された「あるアイヌからの問いかけ〜消滅しかけた民族の言葉を守った男」を貸し出しています。
萱野茂氏の一生の取材を通じてアイヌ民族の文化、歴史を紹介したトータル1時間半の番組です。

次回練習
2007/02/17(土) 13:30〜16:30 音楽プラザ(中リハ室)です。

※愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団事務局 発行
合唱劇「カネト」 www.kaneto.com