合唱劇「カネト」 名古屋公演 NAGOYAまちじゅうGA芸術祭参加事業 2007年11月3日・4日 愛知県勤労会館

nagoya.kaneto.com
トップページイベント > 2007年5月4-5日
合唱劇「カネト」 名古屋公演 イベント

トップページ
公演の紹介
レポート
ニュース
アンケート
イベント
リンク

飯田線に乗って天竜峡に行こう
2007/05/04-05
Photo by K.Miura
練習後、団員同士でコーヒーブレイクを楽しんでいる時に「飯田線に乗ってみたい」という話がありました。
「天竜峡の舟下りを楽しみたい」「美味しいものや温泉を楽しみたい」「飯田カネトのみなさんと交流がしたい」と話はふくらみ、ツアーを行うことになりました。
約50名の団員が、飯田線に乗って天竜峡・飯田の旅を楽しみました。

Photo by K.Miura
豊橋から特急「伊那路」号に乗車して、天竜峡まで飯田線の車窓を楽しみました。
「線路がない歌」に出てくる三河川合駅までは、奥三河の新緑がとてもきれい!
合唱劇「カネト」の舞台である三信鉄道の区間(三河川合〜天竜峡)は、トンネルと鉄橋の連続でした。歌の通りだったなぁ

Photo by K.MiuraPhoto by K.Miura
Photo by K.Miura
天竜峡駅の改札口で、飯田カネトのみなさまの歓迎を受けました。ありがとうございました。
「かわらんべ」という天竜川の川岸にある施設で交流会を行いました。
名古屋カネト・飯田カネトそれぞれの合唱を披露しましたが、飯田カネトの合唱が素晴らしく聞き惚れてしまいました。名古屋カネトも負けられないですね。
大空の下で合唱することはなかなかないので、貴重な体験になりました。

Photo by K.MiuraPhoto by K.Miura
Photo by K.Miura
天竜峡港から唐笠港まで「天竜ライン下り」に乗船しました。
風が気持ちよくて川の水しぶきも飛んできて、とても気持ちよかった。
あまりにも気持ちが良かったので、一曲歌ってしまいました。
でも、子ども達は「川舟が矢のように下っていった♪」の歌詞を信じ激流を下ると思っていたので、「迫力がない」と少し残念そうにしていました。

Photo by K.MiuraPhoto by K.Miura
Photo by K.Miura
唐笠駅からは、鈍行列車に乗りました。
宿泊組は小和田駅で下車して天竜川の渓谷美を堪能し、天竜峡で一泊。翌日は飯田市街を歩いて古い町並みなどを楽しみました。
一方の日帰り組はそのままローカル線の旅を楽しみ、名古屋に帰りました。

次の練習の時、どの団員も「楽しかった」と旅の思い出を語っていました。今回の体験を合唱や舞台つくりに活かしたいと思います。
飯田カネトのみなさま、色々とおもてなしをしてくださりお世話になりました。
幹事を引き受けてくださった石原さん、林さん、小林さん、お疲れさまでした。

合唱劇「カネト」 www.kaneto.com