合唱劇「カネト」 名古屋公演 NAGOYAまちじゅうGA芸術祭参加事業 2007年11月3日・4日 愛知県勤労会館

nagoya.kaneto.com
トップページイベント > 2006年8月19日
合唱劇「カネト」 名古屋公演 イベント

トップページ
公演の紹介
レポート
ニュース
アンケート
イベント
リンク

合唱劇「カネト」 名古屋公演 実行委員会発足
2006/8/19 名古屋市女性会館
2005年1月に合唱劇「カネト」名古屋公演の実行に向けた準備会を開催、以降11回の準備会を経て正式に『合唱劇「カネト」名古屋公演実行委員会』が発足しました。
準備会にて公演の参加に前向きだった団体・個人が集い、公演の実施要項や練習運営などについて話し合いをしました。
実行委員会の後には交流会を行い、本番指揮者の井戸清輔氏・カネト役の鳴海卓氏を交えて、合唱劇「カネト」に関する思いを語り合いました。

公演の目的
飯田線全線開通70年にあたる2007年、全線開通の立役者であるアイヌ人測量士「川村カネト」の生涯を描く合唱劇「カネト」をひろく名古屋方面で広げていく。
主人公「川村カネト」の生きかたを通して、『働くことの意味』『人間の誇り』を問いかける。
合唱団・音楽愛好家や劇団、作品に共感する様々な個人・団体の共同を図る。
音楽会の
公演日・会場案
●公演日
2007年11月3日(土)・4日(日) 2回公演予定
●会場
愛知県勤労会館 大ホール
演奏者
舞台スタッフ
●指揮
井戸清輔(練習指揮は、鳴海卓・藤村記一郎・脇谷直樹ほか)
●主役
鳴海卓
●ピアノ・シンセ
未定
●合唱
『名古屋「カネト」合唱団』を組織し、愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団・名古屋青年合唱団・OH! 人生男声合唱団(有志)・合唱劇「カネト」を歌う合唱団ほか、愛知の各合唱団・劇団はじめ広く公募する。
●演出
田中美代子
●舞台スタッフ
舞台監督・音響・照明・美術は、今までの公演より候補者を決めて打診していく。
実行委員会
●実行委員長
森英樹(名古屋大学名誉教授・龍谷大学大学院法務研究科教授)
●実行委員
愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団・名古屋青年合唱団・OH! 人生男声合唱団・合唱劇「カネト」を歌う合唱団を中心として、趣旨に賛同する団体・個人で構成する。
練習運営
●結団式
2006年12月17日(日)13:30〜16:30 名古屋市音楽プラザ
●練習日程
愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団の定期練習(2006年12月〜2007年11月)を基本として、名古屋青年合唱団の定期練習(2007年4月〜11月)においても大人パートを中心に練習する。
●練習費
どこの合唱団で練習しても、カネトの名古屋公演に参加するなら同じ参加費を設定するという形にする。
初めて歌う人は、幸せ合唱団の練習に指定の団費を払って参加する。団員募集については、幸せ合唱団の団費(大人2,500円)をお知らせする。
4月以降の合同練習は別費用(4,000円)となるため、その旨もお知らせする。
●練習計画
12月〜3月 譜読み・音とり期間
4月〜5月 第2期譜読み期間・子どもダンス練習・キャスト決定〜練習
6月〜10月 合唱つくり→立ち稽古→仕上げ
●団員募集
かなりの数の役者も必要になるので、単なる合唱団募集という形でなく「合唱団希望」「役者希望」という欄をつくり、劇団にも積極的に働きかける。
公演予算
公演収入としては、「チケット収入」「広告収入」「賛同金」「助成金」を予定。
公演支出としては、「会場費・付属設備費」「舞台費(スタッフ費用)」「企画費(出演者謝礼など)」「宣伝組織費」「事務費」「プロデュース費」を予定。これに予備費を加えた形で予算を策定する。
合唱劇「カネト」 www.kaneto.com